火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

顔を見て逃げる人たち

顔を見て逃げる人たち

最初に担ぎ込まれた病院から名古屋の病院へ転院することになりました。 青森から名古屋までは飛行機で行くことになったのですが、このとき新たな問題が発覚しました。病院内にいたときはまったく気にならなかったのですが、空港に入ってからはじめて自分の顔 …

両手が使えない

両手が使えない

両手も重度の火傷を負っていたのですが、いざご飯を食べようとする瞬間までその悲惨さがわかっていませんでした。 障害者の気持ちって、健常者には永遠に分からないでしょうね。 頭では理解できても、実際にその状況になって、 問題から逃げられなくなって …

お前の皮を剝ぐよ

お前の皮を剝ぐよ

3日目、ICUを卒業できることになりました。 この頃には意識がかなり正常に戻っていたので、 自力で起き上がれると思ったので、腰を起こそうとしたら、 体の傾斜が把握できなくて、宇宙かって感じで、すごく気持ち悪くなりました。。。 かっこ悪!と思 …

集中治療室にて

集中治療室にて

診断: 火傷の深度が深達性Ⅱ度からⅢ度、体の25%に熱傷、ショック状態や合併症、全身性炎症反応症候群(SIRS)、多臓器不全を引き起こす可能性があり、「ICU」と呼ばれる集中治療室で要監視。 まあいわゆる危篤とかいうやつでつね。。。 ICU …

現実の始まり

現実の始まり

カチンという音がしたと思ったが空耳かも知れません。 青白い光に包まれた気がしましたが錯覚かもしれません。 とにかく一度目をつぶってからはもう目を開けることができず、 音は聞こえてるんだかどうかもよくわからなくなってきました。 もし火災であれ …

六ヶ所村インパクト

六ヶ所村インパクト

大学生活も終盤にさしかかったころ、 周囲はお別れ会や卒業旅行など糞うらやましい人もいましたが、 真面目というか(負けじゃない!)大学院進学を決めていた私は、 事前準備ということで六ヶ所村にきて実験やお勉強などをしておりました。 そしてその今 …