火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

私の火傷治療が間違っていたのはお前らが悪いww

私の火傷治療が間違っていたのはお前らが悪いww

傷は消毒するな!でおなじみの湿潤療法は、私が受傷した頃にはまったくきいた事がない療法でしたが、 今ではもうなんて言うかネットにあふれています。 私が火傷をしたのは2000年でしたので、このようなムーブメントはないどころか、 どこにも湿潤療法 …

とあるみんなの発ガンリスク

とあるみんなの発ガンリスク

ある限界を超えた火傷は元に戻らないのですが、この戻らないっていう状態はどうかというと、 通常の防御能力を失った皮膚は紫外線をはじめとする放射線からのダメージを受けやすくなるといわれていて、 細胞が破壊されやすければ細胞分裂の試行回数も増える …

受傷9年目から始まる回復 ぇ

受傷9年目から始まる回復 ぇ

深く広く火傷したら、皮膚が元通りになることはないわけですが、 ここでちょっとした新事実を発見したのでお知らせしたいと思います。 親指の爪の付け根のところにアロエクリームをほぼ毎日塗るという行為を一年ぐらい続けていたところ、 それ以前には確認 …

いつかヒーローになる日

いつかヒーローになる日

火傷してしまった男の心理を知りたいと、漫画家の芹沢さんから取材がありました。 テーマは障害を乗り越える恋愛系!ってことで、ろくな恋愛経験のない自分としては恥ずかしいのですが、 そこじゃなくてリアルな火傷人の苦悩を描きたいって言うことでしたそ …

エキスパンダーから8年目の状況

エキスパンダーから8年目の状況

エキスパンダー手術から8年がたちました。 正直、術直後は、え!?っていう仕上がりでした。なにがかっていうと、人間としてあるべきあごの形がなくなってしまったのです。まさかそんなことになるとは想像もしてなかったので、手術前に必死に検討したデメリ …

夏井睦先生からの手紙

夏井睦先生からの手紙

火傷で有名な大学病院や熱傷センターなどでは、ⅡからⅢ度の広範囲におよぶ重症熱傷に対し、植皮手術が当たり前のように行われてますが、もしかしたらこれが最良の療法とは限らないかもしれません。 新しい創傷治療夏井先生は、東北大学形成外科で長年植皮手 …

火傷会社員の日記

火傷会社員の日記

毎日続けなかん 2003/03/31(月)12:28 なんかしらんけど、日記が続かなかった。明日からついに社会人になるってことで、区切りがいいので、題名変えてスタートするか。 ∥∥_-) コソッ by でぃ~るん♪ 20 …

火傷学生の日記

火傷学生の日記

なご 2001/05/26(土)11:02 火傷体験記治療を読んで手術が怖くなりました。というメールが届いたのをきっかけに、少し文章を柔らくしていこうと思った。これは思っても見ない意見でしたが、良く考えれば理解できる事ですわ。 な …

手術を保留している腕

手術を保留している腕

左腕にはかなりひどい見た目の問題が残っています。 ここを手術するにはたくさんの皮膚が必要になりますので、エクスパンダーは使えません。 となると植皮となるのですが、範囲が広すぎるので、採皮の被害が大きすぎるのでためらわれます。 そもそも植皮で …

何も知らないは過去の自分

何も知らないは過去の自分

自分が未来の自分に当てた手紙が届いてしまいました。 ちょうど大学入学時に書いたもので、本来なら大学卒行後の自分に届くはずでした。 これは見る勇気がない。。。てかはがきむき出しなのでそういう選択肢はなかった。。。 まあ、内容はたした事がなかっ …