火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

社会復帰の練習

いくら病体といっても、この年で家でじっとしてるのに耐えられず、ついアルバイトを始めてしまった。 暇障害者の分際で仕事は選ばないが、この見てくれなので外に出る系と、接客、細かい作業は勘弁であった。 そしてこれが重要なことだが、社会勉強もしくは …

顔を洗える、ゲームができる奇跡

顔を洗える、ゲームができる奇跡

ちょっと前から包帯とってよくなってきたので、今日はお風呂で手を使ってみることにしました。まずは左手で右手を洗うこと試みます。。。 ひとりできれいにできました! じゃ続いて、背中洗いとシャワー使わずに髪を洗うことを試みます。 すごい、やってみ …

植皮手術リテイク編

植皮手術リテイク編

ここから植皮手術の為の入院日記です。 この引きつった指があまりに使えないし、見た目もヒドいのでもう一度植皮をするために入院する事にしました。 病院内にPCを持ち込んで日記が付けれたので、ちょっと生っぽい日記をご覧下さいw — 2 …

大火傷経験者もとむ

大火傷経験者もとむ

名前:>投稿日:2000/07/15(土) 02:28 全身丸焼けなど、大火傷負った経験のある人いません? いたら話し聞きたい。 名前:名無しさん投稿日:2000/07/15(土) 02:47 なんで? 名前:名無しさん投稿日:200 …

最初の手術は超失敗

最初の手術は超失敗

手術の結果は酷いものでした。 名古屋日赤Ⅱ by NMK48 確かに、皮膚がなくドロドロだったところは塞がっているので、包帯無での生活は可能になりました。 しかし、手は満足にモノがもてないほど引き攣っているし、表面の色は赤黒で質感もぐちゃぐ …

患者とのふれあい?

向い前のベッドには私と同じように火傷の治療をしているおっさんがいました。 植皮手術などはもう何回もしたということだったので、基本的には先輩として頼りにできましたが、一度会話してしまうと、話があれで延々終わらないという諸刃の剣でもありました。 …

全身麻酔、植皮手術

全身麻酔、植皮手術

八戸市民病院から名古屋日赤病院に転院しました。 転院先の先生はもう最初から手術するしかないという話で、矢継ぎ早にどんな手術をするか説明しました。サンプルの写真をぱらぱらと見せられながら、ほらこれがこうなる、すぐ社会復帰できます、全然問題ない …

顔を見て逃げる人たち

顔を見て逃げる人たち

最初に担ぎ込まれた病院から名古屋の病院へ転院することになりました。 青森から名古屋までは飛行機で行くことになったのですが、このとき新たな問題が発覚しました。病院内にいたときはまったく気にならなかったのですが、空港に入ってからはじめて自分の顔 …

両手が使えない

両手が使えない

両手も重度の火傷を負っていたのですが、いざご飯を食べようとする瞬間までその悲惨さがわかっていませんでした。 障害者の気持ちって、健常者には永遠に分からないでしょうね。 頭では理解できても、実際にその状況になって、 問題から逃げられなくなって …

お前の皮を剝ぐよ

お前の皮を剝ぐよ

3日目、ICUを卒業できることになりました。 この頃には意識がかなり正常に戻っていたので、 自力で起き上がれると思ったので、腰を起こそうとしたら、 体の傾斜が把握できなくて、宇宙かって感じで、すごく気持ち悪くなりました。。。 かっこ悪!と思 …