火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

一応、宣言通りとなった西日本オフ、正確には福岡博多駅近く
山口から、広島から、鹿児島から、名古屋から(私)
みんなバラバラの場所にすんでいるのに、
一同に集合できるなんて、ほとんど奇跡的だと思います。

1次会は「かんてきや」
九州味めぐりコース2時間飲放題で
刺身やいろんな料理、特にもつ鍋めちゃうまでした。

金曜夜の博多、ちょっと探した感じ、席があいてるお店が無い中、
全然空いてますって感じで、ちょっと不安だったんですが、
それはそれ。くさっても博多。。(違w

乾杯は、そもそもとある患者さんの退院祝いが発端のオフなので、
まずは退院おめでとうということで改めてオメです。
なのに山口からはるばる来てもらってて。。。

2次会はたまたま目に入ったラーメン店に入ります。
長浜系ですが、味はまあまあな感じ、
でも博多にしてはあれという感じで、
みなさん納得いっていないみたいでしたww

3次会は落ち着いた雰囲気のプロントで締めくくりです。

みなさんお約束の火傷したときの状況、そして今の状況などをながれで話していきます。
改めて自己紹介とかだと言いにくくなるし、会話の流れの中で話していく方が自然だなと初めて実感いまごろw。

結局、わたし以外3人は子供やけどということでやんわりとした対立軸が・・(笑)

ほか、隠せる、隠せないっていうのも大きなテーマで、この点は4人とも隠せるので共通の話題。
隠せるからこそ、ずっと隠し続けなければならない恐怖との戦いがあるのですよね。。。

あと、とくに印象に残っている話として、
SNSへの参加の仕方がわからない、むずかしい。という話。

基本的にはみんな思うまま自由に参加すればとは思うんですが、
まあみんな人間だもの空気読むのですもんね、私もです。
 ※わたしはあえて読まない感じの努力してますw

友達申請をしたのに、返事がかえってこないことを想像したら怖いし、相手に返答させる負担があるかもしれない、それなら最初から申請なんてしないほうがいい。
日記を書くという事は、友達にやんわりとレスを強要する事となりやしないか。かといってレスが付かないのもそれはそれで寂しい。
足跡がついてるのに、日記にレスがないって状況だと、悲しくなりやしないか。そう思わせるぐらいなら訪問控えようっと。

たしかに全部なるほどですw
私もまったく同じ感覚はあります。

ちなみに足跡機能については、忍び足モードがありますので、
マイページの設定でモードを変更する事により、切り換え可能です。
日記見たいだけなのに、いちいちそれが知れてしまうってのも、
場合によってはうざいこともありますよね、人間だもの。

でもずっと忍び足のままでは、ずっとROM(Read Only Member)のようなものなので、
ずっと関わるきっかけがないまま、それもそれで悲しいですねっていうのもありますけど。。。

あと、SNSよりもかつてのBBSがよかった。という話。

オープンな場のほうがいろいろな人が軽いノリで立ち寄ってくれて、
人にレスがつくんじゃなくて、話題にレスがついていく感じが楽しかったと。
もっとも、昔はweb上では広場以外の場所が全くなかったので、
とくに人が集まりやすい状況だったというのもあったので、
いまの時点でBBSを復活させたところで、あの雰囲気まで再現するかはわかりませんですけどですね。

いまだとああいうニーズは知恵袋や発言小町、ミクシィなどに分散しているので、
そうしたところに安住できなかった難民を受け入れる的なBBSなら、
今から作るのもありかもしれませんね~。

ということでとても気付きの多いオフでした。