火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

一般名トラフェルミン
褥瘡・皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)治療剤
主成分であるヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(basic fibroblast growth factor:bFGF)は生体内物質が含まれている。
創傷部位における良性肉芽の形成および上皮化を促進し、治癒期間を短縮させます。
さらに、瘢痕の質を改善(治癒後の瘢痕組織が柔らかい、色素沈着が少ない等)し、創傷治癒の質(quality of wound healing:QOWH)を向上させると言われています。

これはぱっと見面白そうな技術です。

「熱傷、科学損傷の外来創処置」田熊清継(2013.08)を見ますと、
血管新生作用、遷移が細胞増殖促進作用により新生血管にとんだ良質に久我を形成、閉鎖性被服材(ラップ)などと併用し、で湿潤環境下で創の管理を行うとされています。
高簡易3度熱傷への使用は、前奏切除後の同種皮膚あるいは人工神秘の植皮後に噴霧する事により、表皮形成の為の良質な肉が形成の発育を促進させる効果が期待できる。2度d熱傷に対しては、冗費化までの日数が優位に短かった。ただし、新鮮熱傷には本材を使用を避けるように補足がある。と報告しています。

湿潤療法系かと思い権威サイトを見てみたら、「治療効果があるという実験系そのものがインチキ」
で当然、知恵遅サイトもそのまんまのクローン講釈となってましたw

これ系か。。。。

ただ、薬メーカーはこの高い奴売りたいストーリー当然あるだろうし、
てか所詮みんな自分のビジネスの成功を日夜考えてる訳で、
結局何も信じられなくなる訳で、どうしよもないというか、みんな悪くないというか、もうどうでもいい。
何の話かw