火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。


ある限界を超えた火傷は元に戻らないのですが、この戻らないっていう状態はどうかというと、
通常の防御能力を失った皮膚は紫外線をはじめとする放射線からのダメージを受けやすくなるといわれていて、
細胞が破壊されやすければ細胞分裂の試行回数も増えるはずで、当然確率的にコピーミス発生も増えて、ひいては皮膚ガンになる可能性が高まるというのです。あとテロメア的な話で細胞分裂の限界もみんなより早くやってくるんちゃうの?は私見です。

まあ体験者として実際のところ、少しでも日に当たるとすぐ黒くなるし、なにかっていうと感染しやすい。だいたい11年もたってるのにいまだに(δ´ω`)カユイとか、絶対になにかおかしい。。

ということで、発ガンリスクにおびえながら生きてきて、
同情するならお前も癌リスクかかえろよと思ったもんである。

それがこの東日本大震災の原発事故で状況が一変した。
日本の多くの人が放射性物質による癌リスクにさらされる事態となってしまった。
東日本のホットスポットはもちろん、これから放射性物質をどんどん蓄積する
海洋生物を食すという事はつまりさらされるはずである。
 ※最近タケノコみたいに激増している安い海鮮丼の店なんなのあれなの・・・

発ガンリスク一人じゃないという感じがして、不謹慎ながら安心したのである。
ほんとう、自分でもどうかと思うけど。。。

これからはみんなと発ガンリスクを共有できる世界になったみたいな。
いややはり不謹慎すぎるか。。。

でも思ってしまったんだからしょうがない。

あと、社会人になってからは正直そんなことどうでもいいってのも大きい。
人間の価値って全然そんなの関係ないし。。。

ってことで何の話だっけ。