火傷の治療方法や口コミ情報の紹介をはじめ、受傷された方の交流を目的としたSNSの運営を行っています。

深く広く火傷したら、皮膚が元通りになることはないわけですが、
ここでちょっとした新事実を発見したのでお知らせしたいと思います。

IMG_0584_s

親指の爪の付け根のところにアロエクリームをほぼ毎日塗るという行為を一年ぐらい続けていたところ、
それ以前には確認されなかった改善が見られるようになりました。

親指の爪と皮膚をつなぐ箇所はこの9年間開いたままで、よくここを引っ掛けては血みどろ事件に発展したりしたものなんですが、この1年ここをアロエクリームで満たしておくようにしたところ、この空洞に新しい皮膚が張るようになってきました。

最初は弱弱しいつなぎの皮膚ができたり壊れたりを繰り返して、時には気になって自分で取ってしまったりもしたのですが、だんだんたくましくなってきて、いまではどうやっても取れないぐらいに成長してくれました。

熱傷9年目で上皮化?とかするんですね。

もちろん、誰にでも、どんな場所でも、どんな症状でもというわけにはいかないでしょうし、科学的に何かを証明したわけでもありません。あとたぶんアロエクリームである必要はなく格安ワセリンでも十分だと思われます。

ただ、たとえ時は遅くとも湿潤療法的な効用があったのではないかと妄想しているしだいであります♪